html2fpdf+mbfpdfで使うためのメモ

まずは手始めに材料。

まず、html2fpdfも、mbfpdfも、fpdfの派生クラスとして定義されています。
そんなわけで、html2fpdfの元クラスを変えてあげます。
※変更前

class HTML2FPDF extends FPDF

※変更後

class HTML2FPDF extends MBFPDF

あとの変更点は、以下に
HTML2PDF で日本語を使う為の設定 – hir_kazの日記
基本的には上記サイトに書いてあるとおりで大丈夫ですが、差異というかmbfpdf独特の注意点はこのへん。

●before

require_once(RELATIVE_PATH.'fpdf.php');

●after

require_once(RELATIVE_PATH.'mbfpdf.php');

あとは、SetFontの指定方法が変わります。

$this->SetFont( GOTHIC , '' , 11 ) ;

最後に、使うときのやりかたがかわります。
●japanese.phpの場合

$pdf->AddSJISFont();

●mbfphpの場合

$pdf->AddMBFont( GOTHIC , 'SJIS' ) ;

あと注意点としては、align=”left”以外の位置指定がおかしくなるところでしょうか。
若干どころかかなり右寄りになります。
どうやら、簡単には解決しそうにない問題です。
参考:HTML2FPDF同梱のFPDF – 日々是雑記

Comments are closed.