WordPressのテーマを弄ってみる

1から作ってみるのもいいですが、ちょっと難しいかなということで、「WordPress Classic」のテーマを少しづつ弄りながら覚えてみることにしました。
「WordPress Default」は結構複雑なので、とっかかるには敷居高いなぁ、ということで。

ファイルの構成はこんなかんじです。

  • テンプレート
    • ヘッダー (header.php)
    • メインインデックスのテンプレート (index.php)
    • ポップアップコメント (comments-popup.php)
    • コメント (comments.php)
    • サイドバー (sidebar.php)
    • フッター (footer.php)
    • テーマのための関数 (functions.php)
  • スタイル
    • スタイルシート (style.css)
    • RTL スタイルシート (rtl.css)

HTML上での要素構成とそれぞれを主に定義しているファイルとの対応は下記の図の通りです。
2010022501
ポップアップコメントとコメントは、メインインデックスの中で使用しています。
また、テーマのための関数は、右のサイドバーを作成するときに呼ばれます。

CSSだけを変えたい場合は、スタイルの「スタイルシート(style.css)」だけ触ればOKです。この図をもとに、どの要素を弄るかを決定すれば(多分)問題ありません。

HTMLそのものを弄りたい場合は、この図の対応してるファイルを触れば大丈夫でしょう。
コメント表示部分は「コメントあり/なし/不許可」で動作が分岐してるので、若干ややこしいです。(トラックバックも同様)
なお、ポップアップコメントはデフォルトで未使用になってます(ヘッダ部分のcomments_popup_script()がコメント扱いになってる)。このへんは割愛します。

あとはHTMLやCSSの知識があれば、WordPress Classicテーマをベースとした改造は難しくないと思います。

Comments are closed.