Archive for the ‘git’ Category

hetemlにgitの俺専用リポジトリを作る

hetemlで、sshとgitが使えるのでやってみました。
作ってpushするとこまでです。
※案外すんなりいったし、これからよく使うと思うのでメモ。

●その0:《はじめに》
リモートリポジトリのパスを $HOME/git/example と仮定します。

●その1:heteml側でやること

$ mkdir git
$ mkdir git/example
$ cd git/example
$ git init --bare

●その2:ローカルでやること

$ cd example
$ git init
$ git add .
$ git commit -a
$ git remote add origin ssh://《自分のユーザー名》@《自分のサーバ名》:《sshポート番号》/(home directory)/git/example/
$ git push orign master

home directory んとこは home/sites/heteml/users???/(中略)/ユーザー名 が入ります。
要はポート番号打ったあとから、リモートリポジトリでpwdした結果をコピペすればいいです。

うまくいったら、git push origin masterでこう出ます

$ git push origin master
-----------------------------------------------------
--***-------------------------------------------***--
--***---------------***-------------------------***--
--***---------------******----------------------***--
--********-********-******-********-***********-***--
--********-***--***-***----***--***-***********-***--
--***--***-********-***----********-***-***-***-***--
--***--***-***------******-***------***-***-***-***--
--***--***-********-******-********-***-***-***-***--
-----------------------------------------------------


username@ssh***.heteml.jp's password:
Counting objects: 90, done.
Compressing objects: 100% (75/75), done.
Writing objects: 100% (90/90), 35.99 KiB, done.
Total 90 (delta 14), reused 0 (delta 0)
To ssh://username@ssh***.heteml.jp:****/(home directory)/git/example
 * [new branch]      master -> master
$

こんなの出て失敗したら、多分git pushの書き方を間違えている。

No refs in common and none specified; doing nothing.
Perhaps you should specify a branch such as 'master'.
fatal: The remote end hung up unexpectedly

あとはgit pushしたりpullしたり、です。

なお、git remote addでリモート等の指定を間違えたときは、いったん git remote rm して再度 git remote add すればOK。

 
参考にした:
「ハッカー」って言葉の響きが好きです。:Git: pull/pushの設定

gitに関するメモ

個人的に忘れないために。

○基本
addしてcommitしてpullしてpush。

○特定のファイルの更新履歴だけ表示

git log path/to/file

○差分

git show f23d6153

あ、showでもdiffでもOKだった。

○ふっかつのじゅもん(ファイルを飛ばしちゃったときなど)

git checkout f23d6153 -- path/to/file

これで一時的に特定のバージョンに戻せるので、再度add→commit。

○参考
Gitを使いこなすための20のコマンド – SourceForge.JP Magazine
Git入門 – トップページ
gitメモ – namespace gimite・・・元に戻す系がわりと使う。